DISCユニットについて

DISC UNIT

DISC ユニット事業内容

第一三共RDノバーレ株式会社が代表機関を務める DISCユニットでは、以下のような特徴を有しています。

動画を再生する場合は wifi 通信環境でご覧ください。

DISCユニットの特徴

画像をクリックすると特徴ごとの動画が再生されます。

化合物ライブラリー

国内製薬企業 22 社から提供された多様性に富む約 30 万の化合物ライブラリー。
医薬品特性が高く、商用化合物ライブラリーにはないケミカルスペースを有しています。
製薬企業の化合物管理の経験とノウハウをもとに最新の設備で保管しています。

HTSコンサルティング

先進的なアカデミア初の創薬標的い対して真のヒット化合物を獲得するためアカデミア研究者と共に議論を行います。
蓄積された HTS に関する経験とノウハウを生かし、最適な HTS 実施のためのアプローチ方法を探ります。

超微量HTS技術

独自のミニチュア化技術により、貴重な標的タンパク質やツール細胞の少量化とアッセイ期間の大幅な短縮を実現します。 最新の微量分注機を駆使して、極めて高精度な分注量のコントロールにより複雑な希釈系列にも対応。
これらの分注技術により高品質なスクリーニングと信頼性の高いデータの取得を達成しています。

多種多様な最新鋭の検出技術

評価系内に存在する物質の質量変化を直接検出することで、従来は困難であったラベルフリーアッセイが可能です。
1536ウェル以上の高密度マイクロプレートにも対応。1日あたり 10万検体以上の超高速質量分析(MS) HTSを可能にしました。
複雑な生体内シグナルを光学的に検出することで、細胞評価系において多様なシグナルのデータ取得が可能です。
フェノタイプ(表現型)スクリーニングでは、細胞の形状や蛍光量の定期的な測定を行います。
多重染色や細胞の形態変化を指標とした様々な評価が可能です。

ヒット化合物のチェリーピッキング

一貫した検体管理体制のもと、一次ヒット化合物のピックアップを正確・迅速に行います。
真に求めるヒット化合物候補を絞り込むため、適切な高次評価を実施します。

HTS実施後のフィードバック体制

HTSによって得られたヒット化合物についてアカデミア研究者と議論を重ね、真の化合物を選抜します。
アカデミアと製薬企業の協業による新薬創出を目指す「DISCユニット」は HTS のプロフェショナル集団です。

ページトップへ戻る