DISC事業とは

About

DISC事業とは

DISC 事業は、AMED 創薬戦略部(iD3)創薬ブースター事業の一環として実施されます。
アカデミア研究機関が持つ先進的かつ独創的な創薬標的と、製薬企業から提供された日本初の大規模化合物ライブラリーとを、高度な HTS(High-throughput screening)技術によって橋渡しすることにより、アカデミア発創薬シーズの医薬品としての創出確率を向上させることを目指しています。
日本のアカデミアでは、これまで、優れた創薬標的を保有していても、大規模な化合物ライブラリーやHTSの利用機会は限定されていました。DISCユニットはアカデミア研究者に、新たな化合物スクリーニングの機会を提供し、アカデミア発創薬の可能性を広げていきます。

DISCのフロー概要

DISCのフロー詳細

DISCの特徴

  • 1

    アカデミア発創薬標的の実用化を目的に設立

    DISC 事業は AMED iD3 が全体運営を担うことで、アカデミアと企業の双方にとってメリットがある画期的な創薬総合支援事業です。
    創薬に向けた製薬産業界の要求水準を踏まえたアドバイス並びに支援により、アカデミアシーズの創薬に向けたスピードと成功確率の向上を目指します。

  • 2

    国内企業から提供された日本初の大規模化合物ライブラリーを保有

    DISC での HTS では、製薬企業等の会員企業 22 社から提供された多様性に富む実践的な約 27 万化合物とそれを補完・ミニチュア化を目的として購入した約3万化合物とからなる合計約30万化合物のライブラリー(DISCライブラリー)を利用します。DISCライブラリーを使用することで、企業の新薬開発につながりやすいヒット化合物取得が可能になります。

  • 3

    創薬ブースターの支援のもとHTSを実施

    HTS 実施のためのスクリーニング系の構築からヒット化合物の選抜までを、製薬企業の機器やノウハウを活用し、DISCユニット内で一貫して行います。DISCでのHTSは創薬ブースター支援の一環として行われるので、経費はすべてAMEDにより負担されます。

  • 4

    アカデミア研究者と企業との共同研究が可能に

    HTSの実施により得られたヒット化合物をライブラリーとして提供した会員企業が、アカデミア発シーズの導入を行う場合、企業と大学の両者が合意のうえで共同研究を進めることが可能です。この場合、アカデミア研究者は導入企業からツール化合物の提供と、対価(一時金)を受けることができます。 また、企業導入に至らなかった場合も、購入化合物から得られたヒット化合物をツール化合物として利用可能です。

    アカデミア研究者がDISCによって得られるメリット

    製薬産業界の要求水準を
    踏まえた支援やアドバイス

    実践的な約30万の
    企業ライブラリー化合物の使用

    製薬企業が有する
    機器やノウハウを活用した
    HTS

    研究活動のための
    購入化合物ライブラリー由来
    ヒット化合物(ツール化合物)

    高額なHTS経費の
    AMED負担

    アカデミアシーズ導入による
    共同研究の開始

    DISCユニットについてDISC Unit

    DISCユニットのHTS技術HTS technology

ページトップへ戻る